Tera TermのDTR、RTS制御

前回のTera Termの紹介記事では、Tera Termの入手とシリアル通信の使い方について説明しました。今回は、Tera TermでTxD以外の出力端子の信号を制御する方法をご紹介したいと思います。

マクロの準備

接続する機器によっては、RS232(シリアル)のDTR、RTS端子を制御する必要があります。Tera Termで、これらの端子を制御する場合は、マクロを使用します。マクロは、拡張子.ttlのテキストファイルで作成します。例としては、以下の様な書式となります。

この例では、
DTR=1
RTS=0
に設定しています。ちなみに電圧では、
0:H電圧(RS232の場合、正電圧)
1:L電圧(RS232の場合、負電圧)
のレベルになります。

Tera Termマクロの実行

Tera Termを起動後、「コントロール」→「マクロ」を選択します。

tterm_mac_1

マクロのファイルを選択するメニューが表示されます。実行するマクロを選択し、「開く」をクリックします。
tterm_mac_2

問題なくファイルが開けたら、マクロも実行されています。

→その他のツール関連情報

Sponsored Link


カテゴリー: Tool