LTspice入門:カーソルによる値の読み取り

Sponsored Link

LTspiceのシミュレーション結果がプロットに表示された後、カーソルを使って任意の点の値を読むことができます。

プロットのカーソルの基本的な使用方法については、記事「LTspice入門:プロット(波形ビューワー)のカーソル」で詳しく取り上げているので、そちらを参照して下さい。

カーソルでシミュレーション値を読むには、前述の記事の手順に従って、まずカーソルを表示させます。なお下図のように2つ表示させる事も可能です。マウスをカーソルに近づけると、1あるいは2のカーソル番号が表示されます。

(Plot Cursor)
plot_cur_value_win_1

カーソルが表示されていると、カーソル・ウインドウが表示され、各々のカーソルの値が表示されます。

(Cursor Window)
plot_cur_value_win_2

カーソルが2つ表示されている場合は、各カーソルの値に加えて、差分や傾き等も表示されます。

→その他のLTspice関連情報

Sponsored Link