LTspice入門:Windows版の入手とインストール

Sponsored Link

今回は、リニアテクノロジー社の提供する無料の電子回路シミュレーターLTspiceのインストール方法を取りあげたいとおもいます。

LTspiceは、素子数等の機能制限もなく、電子回路シミュレーションを行える大変魅力的なソフトウエアですので、早速インストールしてみましょう。

LTspiceの入手

LTspiceは、リニアテクノロジー社のホームページからダウンロードできます。Home→デザインサポート→ソフトウエアにダウンロードのリンクがあるのでクリックします。ここでは、LTspice IV(Windows用)を例に説明していきます。

リニアテクノロジー社 LTspiceダウンロード
ltspice_dwn_1

MyLinearアカウントを作るか聞かれますが、作らなくてもダウンロード可能です。
“No thanks,just download the software”をクリックするとファイルのダウンロードが開始されます。
ltspice_dwn_2

LTspiceのインストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとインストーラーが起動します。Lisence Agreement等が表示されますので、内容を確認して問題なければ、”Accept”ボタンをクリックします。
ltspice_inst_1

“Install Now”ボタンが表示されます。インストール先も指定可能ですので必要ならば変更して、”Install Now”ボタンをクリックします。
ltspice_inst_2

UACについての注意が表示される場合があります。”OK”ボタンをクリックして先に進めますが、パソコンによっては、インストールが上手くいかない事がある様です。
ltspice_inst_3
その様な場合は、次の対応を取ります。
(1)UACのレベルを下げるか、一時的にUACをオフにします。
(2)インストールディレクトリをC:\LTspiceIV等に変更して監視対象から外します。

以上の設定で、インストールが開始されます。
ltspice_inst_4

インストールが完了します。”OK”ボタンをクリックして終了します。
ltspice_inst_5

以上でLTspiceのインストール作業は終了です。
→その他のLTspice関連情報

Sponsored Link