LTspice入門:ファイル作成や保存、その他の操作

Sponsored Link

LTspiceのファイル作成や保存、印刷といった操作方法を整理しておきます。

操作は、主にウインドウ上部にある”File”メニューで行います。また新規作成など使用頻度の高いものについては、アイコンも用意されています。

ファイルメニュー

“File”関連メニューは、上からファイル操作関連、印刷関連、最近使用したファイルの順に並んでいます。

(File Menu全体)
ltsp_win_file_mnulist_1

新規作成と既存ファイルを開く

ファイル操作関連のメニューを順に見ていきたいと思います。

回路図ファイル(Schematic)の新規作成は、”File”→”New Schematic”で行います。

(File → New Schematic)
ltsp_win_fmnu_new_sch_1

回路図シンボル・ファイル(Symbol)の新規作成は、”File”→”New Symbol”で行います。

(File→New Symbol)
ltsp_win_fmnu_new_sym_1

既存ファイルを開く場合は、”File”→”Open…”で行います。

(File→Open…)
ltsp_win_fmnu_open_1

ファイルを開くメニューが表示されます。

(File→Open…→Open an existing file)
ltsp_win_fmnu_open_2

フィルター(Filter)で、ファイルの種類を選択できます。

(Filter)
ltsp_win_fmnu_open_3

LTspiceで扱うファイルの拡張子と種類は、以下の通りです。
Schematics(*.asc)
回路図ファイルです。
Netlists(*.cir,*.net,*.sp)
SPICEのネットリストのファイルです。
Waveforms(*.raw,*.fra)
シミュレーション結果のファイルです。
Discreats(*.bjt,*.cap,*.dio,*.ind,*.jft,*.mos,*.res)
ディスクリート部品のライブラリ・ファイルです。
Symbols(*.sym)
回路図シンボルのファイルです。

保存と閉じる

ファイルの保存や閉じる場合も、”File”メニューから行います。

“File”→”Save”で上書き保存になります。

(File→Save)
ltsp_win_fmnu_save_1

“File”→”Save As”で名前を付けて保存になります。

(File→Save As)
ltsp_win_fmnu_save_as_1

(File→Save As→名前を付けて保存)
ltsp_win_fmnu_save_as_2

“File”→”Close”で、開いているファイルを閉じる事ができます。

(File→Close)
ltsp_win_fmnu_close_1

印刷

ファイル操作関連の下には、印刷関連のメニューが並んでいます。

(File→印刷関連のメニュー)
ltsp_win_fmnu_print_1a

“File”→”Print Setup…”で印刷設定を行えます。

(File→Print Setup…)
ltsp_win_fmnu_printer_setting_1

“File”→”Print Preview”で印刷プレビューする事ができます。

(File→Print Preview)
ltsp_win_fmnu_printer_preview_1

LTspiceの終了

“File”→”Exit”で、LTspiceを終了します。

(File→Exit)
ltsp_win_fmnu_exit_1

ファイル関連のアイコン

ファイル操作関連は以下のアイコンが用意されていて、新規作成(New)、既存ファイルを開く(Open)、上書き保存(Save)が行えます。

(New Icon)
ltsp_win_file_new_icon_1

(Open Icon)
ltsp_win_file_open_icon_1

(Save Icon)
ltsp_win_file_save_icon_1

→その他のLTspice関連情報

Sponsored Link