Eagle入門:Mac版Version7のインストール

Sponsored Link

今回は、Mac版Eagle Version 7のインストール方法を解説していきます。Eagle Version 7は、CadSoftのホームページから入手することが出来ます。

CadSoft USA: Welcome to Downloads page

インストール作業の前に、Windous版のインストーラーを入手しておきましょう。

Mac版Eagle Version 7のインストール

Mac版Eagle Version 7のインストール方法を順に説明していきます。

eagle-mac-7.1.0.zipをダブル・クリックします。7.1.0の部分はバージョン番号でアップデートに伴って変更されます。

(eagle-mac-7.1.0.zip)
eagle_v7_mac_inst_1

zipファイルが解凍されて、eagle-mac-7.1.0.pkgが展開されます。eagle-mac-7.1.0.pkgをダブル・クリックしてインストールを開始します。

(eagle-7.1.0.pkg)
eagle_v7_mac_inst_2

セキュリティの警告が表示されます。「続ける」ボタンをクリックします。

(セキュリティの警告)
eagle_v7_mac_inst_3

「ようこそ eagle-7.1 インストーラーへ」が表示されるので、「続ける」ボタンをクリックします。

(ようこそ eagle-7.1 インストーラへ)
eagle_v7_mac_inst_4

「使用許諾契約」が表示されます。内容を確認して「続ける」ボタンをクリックします。

(使用許諾契約)
eagle_v7_mac_inst_5

使用許諾契約の同意を確認するメニューが表示されるので、「同意する」ボタンをクリックします。

(使用許諾契約の同意)
eagle_v7_mac_inst_6

Version 7.2.0では、次の様なインストール先のドライブを指定するメニュー表示されます。任意のドライブを選択して「続ける」ボタンをクリックします。

(インストール先の指定)
eagle720_mac_inst_drive_1

「”c”に標準インストール」と表示されたメニューが表示されます。「インストール」ボタンをクリックして先に進みます。

(“c”に標準インストール)
eagle_v7_mac_inst_7

管理者のパスワードが要求されるので、入力して「ソフトウエアをインストール」ボタンをクリックします。

(管理者のパスワード要求)
eagle_v7_mac_inst_8

インストールが開始されます。

(インストールの開始)
eagle_v7_mac_inst_9

インストールが完了します。

(インストールの完了)
eagle_v7_mac_inst_10

「閉じる」ボタンをクリックしてインストール作業を終了します。Mac版のEagleでは、初回起動時にライセンス等の設定を行うので次項で解説します。

初回起動時のライセンス設定等

Mac版Eagleの初回起動時には、ライセンス設定のメニューが表示されます。とりあえず、”Run as Freeware”を選択しておきます。

(ライセンスの選択)
eagle_v7_mac_inst_11

管理者のパスワードが要求されるので、入力して”OK”ボタンをクリックします。

(管理者のパスワード要求)
eagle_v7_mac_inst_12

Eagleのユーザー・ディレクトリを、
(User Home Directory)/Documents/eagle
に作成するか聞かれますので、”Yes”ボタンをクリックします。

(“eagle”ディレクトリの作成)
eagle_v7_mac_inst_13x

EagleのControl Panelが表示されます。ユーザーインターフェース自体は、Windows版と大差ありません。

(Control Panel – EAGLE 7.1.0 Light)
eagle_v7_mac_inst_14

メニューだけは、他のMacアプリケーション・ソフト同様、ディスプレイ最上部のMenu Barに配置されます。

(Control Panel: Menu Bar)
eagle_v7_mac_inst_15

→その他のEagle関連情報

Sponsored Link