Eagle 7入門:ボード図のRatsnest

Sponsored Link

Eagle Ver.7 ボード図のRatsnestについて解説します。

Eagle Ver.7で、Ratsnestを行うと、Airwire(未配線)のチェックが行われます。またポリゴン内の塗りパターンも確認する事ができます。

Ratsnestは、ウインドウ左側のRatsnestアイコンをクリックして行います。

(Ratsnest Icon)
eagle720_brd_ratsnest_1

最短距離でAirwireが再計算されます。

(Calculate shortest airwires)
eagle720_brd_ratsnest_2

Airwire(未配線)がないかがチェックされます。ポリゴンがある場合は、ポリゴン内の塗りパターンも確認できます。塗りパターンはデザイン・ルールを元に自動で決定されます。

(Ratsnest Results)
eagle720_brd_ratsnest_3

未配線部分が無ければ、Ratsnest: Nothing to do!というメッセージがウインドウ左下に表示されます。

(Ratsnest: Nothing to do!)
eagle720_brd_ratsnest_4

以上で配線作業は終了です。

→その他のEagle関連情報

Sponsored Link