Eagle 7入門:ボード図のポリゴン

Sponsored Link

Eagle Ver.7のボード図でポリゴン(多角形)を作図する方法について解説します。

Eagle Ver.7でのポリゴン描画は、ウインドウの左側のPolygonアイコンをクリックして行います。

(Polygon Icon)
eagle720_brd_poly_1

ポリゴン描画のモードになります。

(Draw a polygon)
eagle720_brd_poly_2

左クリックでポリゴンの作図を開始します。

(Left-click to start polygon)
eagle720_brd_poly_3

左クリックでポリゴンの頂点を指定していきます。左ダブルクリックでポリゴン描画を終了します。

(Left-click to draw polygon edge/double-click ends polygon)
eagle720_brd_poly_4

この例の様に、範囲内をベタパターンにしたい場合などに使用します。

(Polygon Example)
eagle720_brd_poly_5

ポリゴンは、回路図のネット名を指名しないと電気的に浮いたパターンになります。ネット名の電位にしたい場合は、ウインドウ左側のNameアイコンをクリックします。

(Name Icon)
eagle720_brd_poly_6

ポリゴンを左クリックするとネームのメニューが表示されます。この例では、GNDに設定しています。

(Name Menu)
eagle720_brd_poly_7

デザインルールに従って、ポリゴン内のパターンが生成されます。実際のパターンは、Ratsnestコマンドで確認できます。

→その他のEagle関連情報

Sponsored Link