Eagle 7入門:回路図の部品移動、回転、反転

Sponsored Link

Eagle Ver.7の回路図で、移動、回転、反転を行う方法を解説します。

移動・回転・反転で、オブジェクトを所望の位置と向きで配置する事ができます。

回路図での移動

回路図での移動は、Moveアイコンをクリックする事で行えます。

(Eagle 7: Move)
eagle720_sch_move_1

移動したい対象を左クリックすると移動モードに入ります。

(Left-click to select object to move)
eagle720_sch_move_2

オブジェクトがハイライトされます。この状態中は移動する事ができます。

(Move object)
eagle720_sch_move_3

左クリックでオブジェクトを配置する場所を確定します。

(Left-click to place object)
eagle720_sch_move_4

移動と配置が完了します。

(Place object)
eagle720_sch_move_5

移動モードのデフォルト設定は、回転なし、非反転ですが、オブジェクトを選択した状態では、ウインドウ上部に表示される設定メニューのアイコンをクリックすると同時に回転や反転が行えます。

(Move Settings)
eagle720_sch_rotate_2

またオブジェクトを選択した状態で、右クリックしても移動しながら回転も行えます。

回路図での回転

回路図での回転は、Rotateアイコンをクリックする事で行えます。

(Eagle 7: Rotate)
eagle720_sch_rotate_1

回転モードの設定メニューがウインドウ上部に表示されます。

(Rotation Settings)
eagle720_sch_rotate_2

左クリックで回転させるオブジェクトを選択する事が出来ます。

(Left-click to selecto object to rotate )
eagle720_sch_rotate_3

この例では、抵抗を左クリックして回転させてみます。

(Rotate Object)
eagle720_sch_rotate_4

オブジェクトが回転します。

eagle720_sch_rotate_5

回転モードのデフォルト設定は、反時計回り90度、非反転ですが、前述した様にウインドウ上部に表示される設定アイコンで変更できます。

回路図での反転

回路図での反転は、Mirrorアイコンをクリックする事で行えます。

(Eagle 7: Mirror)
eagle720_sch_mirror_1

左クリックで反転させるオブジェクトを選択します。

(Left-click to selected object to mirror)
eagle720_sch_mirror_2

この例では、オペアンプを左クリックして反転させてみます。

(Mirror Object)
eagle720_sch_mirror_3

オブジェクトが反転します。

eagle720_sch_mirror_4

→その他のEagle関連情報

Sponsored Link