Eagle 7入門:回路図の部品挿入と配置

Sponsored Link

Eagle Ver.7の回路図で部品を配置する方法を解説します。

Eagle Ver.7で回路図に部品を挿入して配置するには、Addアイコンをクリックします。

(Add Icon)
eagle720_sch_add_part_1

部品選択のメニューが表示されます。ここで選択できる部品として表示されるのは、ライブラリ設定で使用する設定にした部品のみです。使用したい部品が表示されていない場合は、記事「Eagle 7入門:ライブラリ設定」を参考にして設定してください。

部品を選択して、OKをクリックすると部品を回路図に挿入するモードに入ります。

(Add)
eagle720_sch_add_part_2

左クリックで部品を配置する事ができます。

(Left-click to place)
eagle720_sch_add_part_3

左クリックした場所で部品の配置が確定します。

(Place a part)
eagle720_sch_add_part_4

→その他のEagle関連情報

Sponsored Link