Eagle 7入門:回路図のネームとバリュー

Sponsored Link

Eagle Ver.7 回路図のネームとバリューの使用方法を解説します。

回路図ウインドウ左側のNameアイコンをクリックすると、オブジェクトの名前を設定する事が出来ます。

(Eagle 7: Name)
eagle720_name_1

名前の変更のみ行う場合は、Nameを使った方が効率的です。

(Define the name of an object)
eagle720_name_2

名前を設定したいオブジェクトを左クリックします。

(Left-click to select object to change name)
eagle720_name_3

名前を設定するウインドウが表示されます。

(Name)
eagle720_name_4

同様に部品の定数設定も、回路図ウインドウ左側のValueアイコンで行う事が出来ます。

(Eagle 7: Value)
eagle720_value_1

定数の変更だけ行いたい場合は、Valueが便利です。

(Define the value of an object)
eagle720_value_2

定数等の値の設定したいオブジェクトを左クリックします。

(Left-click to select object to change value)
eagle720_value_3

値を設定するウインドウが表示されます。

(Value)
eagle720_value_4

→その他のEagle関連情報

Sponsored Link