Eagle 7入門:回路図でのスマッシュ

Sponsored Link

Eagle Ver.7 回路図のスマッシュについて解説します。

Smash(スマッシュ)とは、オブジェクトのSymbol(シンボル)からName(名前)とValue(値)を分離して個別に移動できる状態にする事です。Eagleでは通常、NameとValueはシンボル図と一体化されています。

回路図ウインドウ左側の、Smashアイコンをクリックします。

(Eagle 7: Smash)
eagle720_sch_smash_1

Smash(スマッシュ)でNameとValueとSymbolの紐づきが切られて、それぞれ自由に移動、配置が出来る様になります。

(Separate name/value from part)
eagle720_sch_smash_2

スマッシュしたいオブジェクトを左クリックします。

(Left-click to select object to smash)
eagle720_sch_smash_3

この例では、抵抗R1をクリックしてみます。

(Left-click R1)
eagle720_sch_smash_4

R1がスマッシュされ、Symbol、Name、Valueのそれぞれに基準の”+”が表示されます。

(Smashed R1)
eagle720_sch_smash_5

スマッシュ後は、NameとValueを自由に移動できる様になるので、Moveコマンドを使用して、Name=R1とValue=1kを見やすい位置に再配置してみます。

(Move Name and Value of R1)
eagle720_sch_smash_6

スマッシュを用いて、NameやValueを配置すると見やすい回路図に仕上げる事ができます。

→その他のEagle関連情報

Sponsored Link