Eagle 7入門:ボード図のビア配置

Sponsored Link

Eagle Ver.7のボード図でビアを配置する方法について解説します。

Eagle Ver.7でビアを配置する場合、ウインドウ左側のViaアイコンをクリックします。

(Via Icon)
eagle720_brd_via_1

ビアを配置するモードになります。

(Draw a via)
eagle720_brd_via_2

左クリックすると、ビアを配置する事が出来ます。

(Left-click to place via)
eagle720_brd_via_3

ビア配置モード中、ウインドウ上部にはビア配置の設定メニューが表示されます。

(Via Settings)
eagle720_brd_via_4

任意のビア設定を行った後、ビアを配置していきます。

(Place Via)
eagle720_brd_via_5

配置後は他のオブジェクト同様、Moveコマンドで移動する事が出来ます。

(Move Via)
eagle720_brd_via_6

配線の交点にViaを配置する事で多層(Lite/Free版では2層)配線を実現します。

(Left-click to place via)
eagle720_brd_via_7

配置後にViaの設定を変更したい場合は、Infoコマンドを選択します。

(Left-click to select object to get info for)
eagle720_brd_via_8

Viaを左クリックするとPropertiesウインドウが表示されます。

(Properties)
eagle720_brd_via_9

Shape(形状)やDrill(穴径)等を任意の値に設定し直す事が出来ます。

→その他のEagle関連情報

Sponsored Link