LTspice入門:プロット(波形ビューワー)の軸設定

Sponsored Link

LTspiceのプロット(波形ビューワー)では、軸設定を行う方法が幾つか用意されています。

軸を左クリックすると表示されるメニューによる軸設定

マウスのカーソルを軸付近に近づけるとカーソルの形が定規のような形になります。この状態で左クリックすると軸の設定メニューが表示されます。

X軸の場合は、下図の様なメニューになります。

(Horizontal Axis)
ltsp_win_plot_ax_h_1
Quantity Plotted:軸データ
Left:軸の最小値
tick:軸目盛の間隔
Right:軸の最大値
Logarithmic:指数軸にしたい場合、チェックします。

Y軸の場合は、下図の様なメニューになります。

(Vertical Axis)
ltsp_win_plot_ax_v_1
Top:軸の最大値
Tick:軸目盛の間隔
Bottom:軸の最小値
Logarithmic:指数軸にしたい場合、チェックします。

“Plot Settings”メニューによる軸設定

“Plot Settings”メニューからも軸の設定が行えます。

“Plot Settings”→”Autorange Y-axix”でY軸の自動設定が行えます。

(Plot Settings→Autorange Y-axis)
ltsp_win_plotset_autoyax_1

一方、マニュアル設定の場合は、”Plot Settings”→”Manual Limits”を選択します。

(Plot Settings→Manual Limits)
ltsp_win_plotset_manulim_1

“Manual Limits”では、X軸とY軸の設定が同時に行えます。設定方法は、前項「軸を左クリックすると表示されるメニューによる軸設定」と同様です。
(Manual Limits)
ltsp_win_plotset_manulim_2

“Plot Settings”→”Autoranging”で軸の自動調整の有効/無効の設定が行えます。”Autoranging”が有効の場合、表示させる信号の追加あるいは削除が行われた場合、軸が自動的に再調整されます。

(Plot Setting→Autoranging)
ltsp_win_plotset_autorange_2

“Autoranging”を無効にする場合も”Plot Settings”→”Autoranging”で行います。

(Plot Settings→Autoranging)
ltsp_win_plotset_autorange_1
“Plot Settings”→”Autoranging”を選択する度に、有効/無効が入れ替わります。

→その他のLTspice関連情報

Sponsored Link