Eagle 7入門:Net Classes

Sponsored Link

Eagle Ver.7のNet Classesについて解説します。

Net Classesとは、配線をクラス分けして、その配線幅、配線間隔、ドリル径等の情報を予め規定しておく仕組みです。特に、その情報はAuto Router(自動配線)に利用時に参照されます。

Net Classesは、Edit→Net classesで定義します。

(Edit→Net classes)
eagle720_sch_netclasses_1

Net Classesのメニューが表示されます。

(Net classes)
eagle720_sch_netclasses_2

Net ClassesのName(名前)、Width(配線幅)、Drill(ドリル径)、Clearance(配線間隔)を記入し、OKボタンをクリックします。

(Net classes Settings)
eagle720_sch_netclasses_3

回路図上で、各配線のネットクラスを指定するには、Infoコマンドを使用します。

(Info Icon)
eagle720_sch_netclasses_4

任意の配線を左クリックします。

(Left-click to select object to get info for)
eagle720_sch_netclasses_5

プロパティ設定ウインドウが表示されます。

(Properties)
eagle720_sch_netclasses_6

Net Classのプルダウンメニューから、先ほどNet Classesで設定しておいたNet Classの何れかを選択します。

(Properties: Net Class)
eagle720_sch_netclasses_7

Net Classの選択が終了したら、OKボタンをクリックします。

(Properties: Net Class Settings)
eagle720_sch_netclasses_8

以上で、Net Classの設定は完了です。

→その他のEagle関連情報

Sponsored Link