Eagle 7入門:Auto Router(自動配線)

Sponsored Link

Eagle Ver.7のAuto Router(自動配線)の使い方について解説します。

Auto Routerを利用する際には、予めNet Classesの設定を行い回路図の各配線ノードにNet Classを設定しておいた方が良いので、記事「Eagle 7入門:Net Classes」も是非ご一読下さい。

次のEagle Ver.7のボード図を例に説明していきます。

(Eagle 7: Board Window)
eagle720_brd_autorouter_1

ウインドウ左下にあるAutorouterのアイコンをクリックします。

(Autoruter Icon)
eagle720_brd_autorouter_2

Autorouter Main Setupメニューが表示されます。幾つか設定がありますが、デフォルトの設定でも特に問題ないので、この例では設定を変えずContinue…ボタンをクリックします。

(Autorouter: Continue)
eagle720_brd_autorouter_4

Routing Variants Dialogが表示されるので、Continue…ボタンをクリックします。

(Routing Variants Dialog: Start)
eagle720_brd_autorouter_5

Routingの計算が終了します。Evaluateボタンをクリックします。

(Routing Variants Dialog: Evaluate)
eagle720_brd_autorouter_6

ボード図上にAuto Router(自動配線)の結果が表示されます。

(Result)
eagle720_brd_autorouter_7

配線パターンに問題がなければ、End Jobボタンをクリックします。

(Routing Variants Dialog: End Job)
eagle720_brd_autorouter_8

→その他のEagle関連情報

Sponsored Link