Eagle 7入門:ライブラリ-基本構成と作成

Sponsored Link

Eagle Ver.7のライブラリの基本構成と作成方法について解説します。

Eagleのライブラリ構成

Eagle Ver.7のライブラリは、以下のもので構成されています。
・シンボル:回路図用のシンボル
・パッケージ:ボード図用のフットパターン
・デバイス:シンボルとパッケージが紐づけされた組み合せ

ライブラリの新規作成

Eagle Ver.7のコントロールパネルのメニューから、File→New→Libraryを選択します。

(File→New→Library)
eagle720_file_new_lib_1

ライブラリの編集ウインドウが表示されます。

(Eagle 7: Library)
eagle720_file_new_lib_2

メニューのFile→Save as…を選択します。

(File→Save as…)
eagle720_file_new_lib_3

ファイル保存のメニューが表示されるので、任意の場所、名前で保存します

(Save as)
eagle720_file_new_lib_4

この例では、事前に登録済のライブラリ・ディレクトリにファイルを保存しました。

(Control Panel: Libraries)
eagle720_file_new_lib_5

なお、ディレクトリの設定については、記事「Eagle 7 入門:コントロールパネルとディレクトリ設定」を参照ください。

オリジナルライブラリの必要性

自分でライブラリを作る理由としては、次が挙げられます。
・デフォルトのライブラリに登録されていない部品を使用したい場合
・自分の好みのシンボルやフットパターンを使用したい場合
・シルクパターン等をデフォルトであるものから変更したい場合

オリジナルライブラリが充実すると設計作業の効率も上がっていきます。なお、CAD一般に言える事ですが、使用を続けていくとリソースが蓄積され作業が楽になっていく傾向があります。

→その他のEagle関連情報

Sponsored Link