Eagle 7入門:LTspiceとの連携 – Import

Sponsored Link

Eagle Ver.7には、LTspiceとの連携機能があります。今回は、この機能の内、LTspiceの回路図をEagleの回路図にImport(入力)する機能を取り上げたいと思います。

Eagle Ver.7の回路図ウインドウ上部のLTC spice→Importを選択します。

(Schematic, LTC spice→Import)
eagle720_ltspice_imp_1

LT-Spice importのメニューが表示されます。Spice schematicにLTspiceの回路ファイル、Eagle schematicに回路をインポートするEagleの回路図ファイルを指定して、OKボタンをクリックします。

(Eagle: LT-Spice import)
eagle720_ltspice_imp_2

この例では、
Spice schematic:
C:/Program Files/LTC/LTspiceIV/examples/jigs/3564.asc
Eagle schematic:
C:/eagle/test_proj/test_eagle_v720_4/test_eagle_v720_4.sch
に設定しています。なお、読み込むLTspiceのファイルは、インストール時に付属するサンプルファイルです。

LTspiceのファイルがImport(入力)されます。

(Imported Schematic)
eagle720_ltspice_imp_3

Saveアイコンをクリックして、読み込んだファイルを保存します。

(Save Icon)
eagle720_ltspice_imp_4

プロジェクトフォルダにLTspiceの回路図を読み込んだEagleの回路図が保存されています。

(Project Folder)
eagle720_ltspice_imp_5

以上で、LTspiceの回路図のImport(読込)作業は終了です。

→その他のEagle関連情報

Sponsored Link