CNC工作:加工材の固定

Sponsored Link

前回の記事では、CNC工作で良く使用する加工材を取り上げました。切削の際は、加工材をCNCフライスのステージにしっかりと取り付けて加工する事になりますが、今回は、その固定方法や治具について説明していきたいと思います。

両面テープで固定する方法

最も手軽な方法としては、加工対象を両面テープで固定する方法で、次の条件を満たしている場合に適しています。
・切削負荷が小さい(やわらかい材質や薄板など)
・加工ステージとの接触面が広い

切削基板の作製やアルミ薄板の加工などが上記に該当する代表例でしょう。

実際の場合は、加工ステージを傷つけない様に、加工ステージに捨て板を取り付けて、その上に加工対象を固定します。捨て板は何でも構いませんが、ベークライト板などが良いでしょう。以前の記事で紹介したオリジナルマインドでは、手ごろなサイズに切ったものが売られていますので、お薦めです。

ベークライト板
【Amazon】【楽天】

利用する両面テープですが、固定力がありかつ剥がしやすいものが適しています。「寺岡のはがせる両面テープ」シリーズあたりが、お薦めです。

寺岡製作所 はがせる両面テープNO7220 10X20M 3325800
【Amazon】

作業に際しては、以下のようなコツがあります。
・水平度が損なわれない様に均一に貼る
・貼りすぎない(剥がしにくいため)
・減らしすぎない(少ないと接着強度が落ちる)
・剥がし方を考えておく(弱い形状だと剥がす際に壊れる)

特に剥がし方は、せっかく作製したものを壊さない様に注意する必要があります。油絵に使用するペインティングナイフを隙間から入れて、徐々に剥がしていく様な方法を採ると上手くいきます。

ペインティングナイフ


【Amazon】ペインティングナイフ No12【楽天】ペインティングナイフ No.8

サイズ等によってNo.が違う様ですので、実際の作業環境に合わせて選択してみてください。ちなみに、100円ショップで取り扱っている場合もあるので、近くにお店がある場合は覗いてみましょう。

各種治具を使用して固定する

切削負荷の大きい金属などを加工する場合は、以下の治具を使用して工作対象を固定します。

バイス
工作物を2つの口金の間に挟み固定する工具の一つです。

プロクソン ミニバイス No.28130
【Amazon】【楽天】

定盤
平面の基準となる水平な台で、加工物の高さが足りない時や平面を出すための土台として使用します。

ステップブロック
形状や種類が幾つかあり、加工物を固定するのに使用します。

スーパーツール ステップブロック(2個1組) 1Sクランプ
【Amazon】【楽天】

スタッドボルト
両端にねじ溝があり、前述の治具等と組み合わせて部品の固定に使用します。

スーパーツール スタッドボルト(M8、全長:75) SBM875
【Amazon】【楽天】

ミニジャッキ
写真の様な小さなジャッキです。

SK11 ミニジャッキ JS-2N
【Amazon】【楽天】

Vブロック
写真の様な治具ですが、工夫すれば円形加工物の固定など様々な使い方も出来ます。

(STRAIGHT/ストレート) Vブロック 125mm 16-101
【Amazon】【楽天】

まとめ

以上、CNC工作で加工対象を固定する方法と治具について説明しましたが、実際は、ある程度試してみて良い方法や条件を見つけていく事になります。金属加工以外の場合は、とりあえず両面テープで試してみるのが良いでしょう。

→その他のCNC工作関連情報

Sponsored Link


カテゴリー: CNC