CNC工作:NCコード

Sponsored Link

前回の記事では、CNC工作で使用するソフトウエアについて取り上げました。CNC工作機は、CNC制御ソフトウエアにNCコードを読み込ませて動作させますが、今回は、このNCコードの基本について説明していきたいと思います。

NCコード

CNC制御ソフトウエアで読み込むデータ形式がNCコードである事は、以前の記事などで説明した通りです。NCコードは、NCプログラムあるいは、Gコードとも呼ばれます。NCコード中では、良くGコードという命令が使用されるので、その様な呼ばれ方もされます。
NCコードは、バイナリ形式ではなくテキスト形式のファイルなので、テキスト・エディタでも閲覧編集が可能です。通常は、CAMソフトウエアで出力されるので、自ら編集する必要はありませんが、工作機の仕様によっては、多少マニュアルで調整したい場合もあるので、基本事項を理解しておくと便利です。

NCコードのワードとブロック

NCコードの構成単位は、ワードでアドレスと数値の組み合わせです。ワードは1行内に複数記述する事が出来、行の終わりを’;’(エンドオブブロック)で指定します。この一行がブロックと呼ばれます。

ワードとブロックの構成
アドレス + 数値 → ワード
ワード1 ワード2 … ワードN ; → ブロック

コメントなど

NCコードで使用するコメントなどを下表にまとめておきます。

NCコードで使用する記号

記号内容
%データスタート/エンド
;EOB(エンドオブブロック)
(コメント)注釈
#変数名変数

% データスタート/エンド
最初の%はプログラムのスタートで、2つ目に読み込んだ%はプログラムのエンドとなります。なお、M02、M30等でプログラムのエンドとし、次のブロックをスタートと判断し%を使用しないCNCもあります。
また、データスタートの次のブロックに記述される数値は、プログラム番号となります。

; EOB(エンドオブブロック)
ブロックの終了を意味します。PCの改行コードが自動的に’;’に変換されるCNCもあるので仕様を確認しましょう。

(コメント) 注釈
コメントです。基本的に半角文字を使用した方が良いです。

#変数名 変数
変数となりますが、CNC装置によって多少扱いが違う可能性があります。

NCコードの主要アドレス

NCコードで使用する主要なアドレスをまとめておきます。

主要アドレス

アドレス機能
Oプログラム番号
Nシーケンス番号
G準備機能
X Y Z各座標軸の座標語
R座標語,円弧の半径
I J K座標語,円弧の中心座標
F送り速度
S主軸回転数
M補助機能
T工具番号
H Dオフセット番号

O プログラム番号
プログラム番号あるいはプログラム名です。

N シーケンス番号
プログラムを見やすくするための番号で、それ自体に意味はありません。GOTOのラベル等にも使用されます。

G 準備機能
直線補間や円弧補間などを行うアドレスで、最も頻繁に使用されGコードと呼ばれます。

X Y Z 各軸に対応した座標語
座標語で、各軸に対応した座標または距離となります。

R 円弧の半径
座標語で、円弧の半径を表します。

I J K 円弧の中心座標
座標語で、円弧の中心を表します。

F 送り速度
単位はmm/minで、切削送り速度を指定します。

S 主軸回転数
単位はrpmで、回転数の設定が行えます。CNC加工機が対応している必要があります。

M 補助機能
軸の回転や停止など機械の特殊動作を行います。Mコードとも呼ばれます。

T 工具番号
ATC(オートツールチェンジャ)を装備した設備であれば、”T”+”数値”で対応する工具を選択する事ができます。指定後に、M06を記述すると実際の工具交換が行われます。

H D オフセット番号
オフセットの番号です。

NCコードに使用する主要Gコード

NCコードで良く使用する主要Gコードをまとめておきます。

主要Gコード

ワード機能名
G00位置決め
G01直線補間
G02円弧補間(時計回り)
G03円弧補間(反時計回り)
G90アブソリュート指令
G91インクリメンタル指令
G92ワーク座標系の変更

G00 位置決め
機械の持つ最高速度で指定座標へ早送りします。

G01 直線補間
現在の設定速度で、指定座標まで直線切削送りします。

G02 円弧補間(時計回り)
現在の設定速度で、指定座標まで時計回りで円弧切削送りします。

G03 円弧補間(反時計回り)
現在の設定速度で、指定座標まで反時計回りで円弧切削送りします。

G90 アブソリュート指令
以後の座標語は絶対値指定になります。

G91 インクリメンタル指令
以後の座標語は相対値指定になります。

G92 ワーク座標系の変更
現在位置を指定の座標に設定します。

NCコードで使用する主要Mコード

NCコードで使用する主要Mコードをまとめておきます。

主要Mコード

ワード機能名
M02エンドオブプログラム
M03主軸正回転
M05主軸停止
M08クーラントON
M09クーラントOFF
M30エンドオブプログラム

M02 エンドオブプログラム
プログラムの停止です。

M03 主軸正回転
現在設定の主軸回転数で主軸回転数Sパラメータが設定されていないと回転しません。

M05 主軸停止
主軸を停止します。

M08 クーラントON
切削油を供給開始します。

M09 クーラントOFF
切削油を供給停止します。

M30 エンドオブプログラム
プログラムの停止です。

→その他のCNC工作関連情報

Sponsored Link


カテゴリー: CNC