LTspice入門:配線

Sponsored Link

LTspiceでの配線は、”Wire”アイコンか”Edit”メニューで行います。

アイコンによる配線

“Wire”アイコンをクリックします。なおアイコン類の配置については、記事「LTspice入門:インターフェース」を参照して下さい。

(Wire Icon – 配線)
ltsp_win_wire_icon_1

下図の例で、Q1とR1を配線で接続してみます。

(Q1とR1の配線例)
ltsp_win_write_wire_1

配線の始点で左クリックします。

(配線の始点で左クリック)
ltsp_win_write_wire_2

配線が開始されます。

(配線の開始)
ltsp_win_write_wire_3

配線の終点で左クリックします。

(配線の終点で左クリック)
ltsp_win_write_wire_4

なお配線をコーナーで曲げたい場合は、コーナー位置で左クリックします。また配線モードからは、右クリックか”Esc”キーで抜ける事ができます。

“Edit”メニューによる配線

配線は、”Edit”メニューの”Draw Wire”からも行えます。

(Edit Menu)
ltsp_win_mnu_edit_1

→その他のLTspice関連情報

Sponsored Link