LTspice入門:モデルの選択

Sponsored Link

LTspiceのモデル選択は、部品を右クリックして行います。

プロパティの設定メニューが開いたら、モデル選択のボタンをクリックして部品データベースの一覧から任意のモデルを選択します。プロパティの値は、データベースからロードされます。

抵抗のモデル選択

部品を右クリックして表示されたプロパティメニューの”Select Resistor”ボタンをクリックします。

(Select Resistor)
ltsp_win_select_res_1

“Select Standard Resistor”メニューが表示されるので、任意の抵抗を選択し、”OK”ボタンをクリックします。

(Select Standard Resistor)
ltsp_win_select_res_2

容量のモデル選択

部品を右クリックして表示されたプロパティメニューの”Select Capacitor”ボタンをクリックします。

(Select Capacitor)
ltsp_win_select_cap_1

“Select Stock Capacitor”メニューが表示されるので、任意の容量を選択し、”OK”ボタンをクリックします。

(Select Stock Capacitor)
ltsp_win_select_cap_2

インダクタのモデル選択

部品を右クリックして表示されたプロパティメニューの”Select Inductor”ボタンをクリックします。

(Select Inductor)
ltsp_win_select_ind_1

“Select Stock Inductor”メニューが表示されるので、任意のインダクターを選択し、”OK”ボタンをクリックします。

(Select Stock Inductor)
ltsp_win_select_ind_2

ダイオードのモデル選択

部品を右クリックして表示されたプロパティメニューの”Pick New Diode”ボタンをクリックします。

(Pick New Diode)
ltsp_win_select_dio_1

“Select Diode”メニューが表示されるので、任意のダイオードを選択し、”OK”ボタンをクリックします。

(Select Diode)
ltsp_win_select_dio_2

MOS FETのモデル選択

部品を右クリックして表示されたプロパティメニューの”Pick New MOSFET”ボタンをクリックします。

(Pick New MOSFET)
ltsp_win_select_mos_1

“Select MOSFET”メニューが表示されるので、任意のMOSFETを選択し、”OK”ボタンをクリックします。

(Select MOSFET)
ltsp_win_select_mos_2

BJTのモデル選択

部品を右クリックして表示されたプロパティメニューの”Pick New Transistor”ボタンをクリックします。

(Pick New Transistor)
ltsp_win_select_bjt_1

“Select Bipolar Transistor”メニューが表示されるので、任意のBJTを選択し、”OK”ボタンをクリックします。

(Select Bipolar Transistor)
ltsp_win_select_bjt_2

モデルのデータベース

モデルのデータベースは、
C:\Program Files\LTC\LTspiceIV\lib\cmp
に置かれているファイル群になります。

(\cmpフォルダのファイル)
ltsp_win_stdlib_1

従って、これらのファイルにモデル記述を追加すれば、データベースに任意の部品を追加することができます。その方法については、別途詳しく説明したいと思います。なおLTspiceのディレクトリ構成については、記事「LTspice入門:ライブラリやサンプルのディレクトリ」を参照して下さい。

→その他のLTspice関連情報

Sponsored Link