Arduino入門:Arduinoの入手

Sponsored Link

以前は日本での入手が難しかったArduinoですが、国内正規販売代理店が2008年に大幅に増え、入手性は大幅に改善されています。

Arduinoハードウエアの入手

これまで、製品として販売されたArudinoのハードウエアは、20種類近くありますが、easy laboでは、Arduino UNO(Rev.3)を推奨したいと思います。理由は次の点が挙げられます。

(1)完成度が高まった為、開発者も基本的に変更しないと明言している点
(2)DIPパッケージのATmega328Pを搭載してる点
(3)値段も手頃で入手性も高い点

さて、Aruduino UNO(Rev.3)の主な入手先を紹介したいと思いますが、価格や送料は、2014年10月の参考価格となります。価格改定や消費税率の影響で変わる可能性がありますので、必ずご自身でご確認下さい。

秋月電子通商
通販コード:M-07385
価格:\2,940+送料

スイッチサイエンス
コード番号:ARDUINO-A000066
価格:\3,024+送料

Amazon
【Amazon】Arduino Uno

秋月電子通商について知りたい方は、記事「秋月電子通商〜秋葉の超有名店!でも実は優良企業!」、スイッチサイエンスについて知りたい方は、記事「オープンハードウエアの商品が豊富なWebショップ スイッチサイエンス」を、ご一読下さい。なお、Amazonでの販売は、スイッチサイエンスの出店になります。

開発環境の入手

開発環境の、Arduino IDEは、Arduinoの公式サイトからダウンロードする事が出来ます。

Arduino – Home

リンク先の”Download”ページから、任意のOS用のインストーラーをダウンロードします。以前の開発環境は、単純にzipファイルを解凍して展開するタイプでしたが、最新版の1.0.6はインストーラーになっています。インストール方法は、次回以降の記事で取り上げたいと思います。

→その他のArduino関連情報

Sponsored Link