Arduino入門:Sketch(スケッチ)の基本構成

Arduinoのプログラムは、Sketch(スケッチ)と呼ばれます。今回は、このSketchの基本構成について解説したいと思います。

ArduinoのSketch(スケッチ)は、以下の2つで構成されます。いずれも宣言を省略する事が出来ません。

setup()
変数やピンモード、ライブラリ準備等の初期化コードを記述します。ボードの電源投入とリセット時に初期化は実行されます。

void loop()
繰り返し実行される無限ループ処理です。C言語のmain loopに相当します。

setup()内に初期化を記述し、メインの処理をvoid loop()内に記述していくだけなので、非常にシンプルで初学者にも判りやすい構成になっています。
なお、Sketch(スケッチ)の仕組み自体に興味がある方は、記事「Arduino入門:Arduino言語」を、ご一読ください。

→その他のArduino関連情報

Sponsored Link