Eagle 7入門:プロジェクトの作成

Sponsored Link

Eagle Ver.7のプロジェクト作成について解説します。

Eagle Ver.7のプロジェクト構成

Eagle Ver.7のプロジェクトは以下のもので構成されています。

・プロジェクト(フォルダ):Windowsにおけるディレクトリに相当します。
・回路図ファイル:*.schの拡張子ファイルで回路図となります。
・ボードファイル:*.brdの拡張子ファイルでPCBボード図となります。
・その他の生成ファイル:ガーバーデータ等の生成したファイル。

上記ファイル群は、プロジェクトごとにプロジェクト(フォルダ)に格納されます。

新規プロジェクトの作成

プロジェクトを保存したいディレクトリで、右クリックするとメニューが表示されるので、New Projectを選択します。

(Control Panel: Right Click→New Project)
eagle720_new_proj_1

New Projectというプロジェクト(フォルダ)が自動生成されますので、任意のプロジェクト名を記入します。

(Project Name)
eagle720_new_proj_2

プロジェクト名のプロジェクト(フォルダ)が作成できました。ここでは例として、「test_eagle_v720」というプロジェクトを作成しています。

(New Empty Project)
eagle720_new_proj_3

以上でプロジェクトの作成は終了です。このフォルダ内に回路図やボード図等のプロジェクト関連ファイルを保存していく事になります。

→その他のEagle関連情報

Sponsored Link