Eagle 7入門:ボード図の外形

Sponsored Link

Eagle Ver.7のボード図外形設定方法について解説します。

Eagle Ver.7で、ボードの外形は、Dimensionレイヤーの線分で外周を描画します。ここでは、新規作成したボード図に自動で生成されたDimensionの線分を調整してボード外形を変更していきます。

(Eagle 7: Board)
eagle720_brd_dim_4

ボード図ウインドウ左側のInfoアイコンをクリックします。

(Info Icon)
eagle720_brd_dim_1

Dimensionの外形線をクリックすると、Propertiesウインドウが表示されます。

(Properties)
eagle720_brd_dim_2

Propertiesウインドウ中のWireのFromとToの値を設定していきます。FromとToの値は、始点と終点のX,Yの座標を順に入力していきます。

(Change Properties)
eagle720_brd_dim_3

この例は、底辺のDimension外形線を変更したところです。

(Board Dimension 1)
eagle720_brd_dim_5

同様の手順で多辺も設定していきます。

(Board Dimension 2)
eagle720_brd_dim_6

外形線の変更でサイズを再設定したボード図です。

(Board Dimention 3)
eagle720_brd_dim_7

なお、Light/Free版ライセンスでは、デフォルトのサイズが基板サイズの制限となっています。

→その他のEagle関連情報

Sponsored Link