Eagle 7入門:回路図のインターフェースと基本操作

Sponsored Link

Eagle Ver.7の回路図インターフェースと基本操作について解説します。

Eagle Ver.7の回路図インターフェースは、以前のバージョンの配置等は踏襲していますが、アイコン類は現代的なデザインに一新されています。

回路図のインターフェース

Eagle Ver.7の回路図を開くと次の様なウインドウが表示されます。

(Eagle 7: Schematic Window)
eagle720_sch_interface_1

回路図のインターフェースについて見ていく事にしましょう。

(Eagle 7: Schematic Interface)
eagle720_sch_interface_1a

回路図のインターフェースは、次の様に配置されています。

A:ファイル操作を始めとするメニューが一通り並んでいます。
B:ファイル保存や画面の拡大等の使用頻度の高いアイコンが並んでいます。
C:選択しているコマンドの設定メニュー(変化します)が表示されます。
D:回路図作図する為のアイコンが並んでいます。
E:メッセージが表示されます。

回路図のメニュー

Eagle Ver.7の回路図メニューを順番に見ていく事にします。

File(ファイル)には、ファイルを開いたり保存したりといったファイル操作関連のメニューが用意されています。

(Eagle 7: File Menu)
eagle720_sch_mnu_file_1

インポート関連のメニューは、File→Importを選択すると表示されます。

(Eagle 7: File→Import)
eagle720_sch_mnu_file_import_1

エクスポート関連のメニューは、File→Exportを選択すると表示されます。

(Eagle 7: File→Export)
eagle720_sch_mnu_file_export_1

Edit(編集)には、コピーや移動といった回路編集メニューが用意されています。

(Eagle 7: Edit Menu)
eagle720_sch_mnu_edit_1

Draw(作図)には、配線等の回路作図メニューが用意されています。

(Eagle 7: Draw Menu)
eagle720_sch_mnu_draw_1

View(表示)には、ズーム等の表示関連メニューが用意されています。

(Eagle 7: View Menu)
eagle720_sch_mnu_view_1

Tool(ツール)には、ERCやサーチメニュー等が用意されています。

(Eagle 7: Tools Menu)
eagle720_sch_mnu_tools_1

Libraryには、ライブラリ関連のメニューが用意されています。

(Eagle 7: Library Menu)
eagle720_sch_mnu_lib_1

Optionsは、オプション関連のメニューです。

(Eagle 7: Options Menu)
eagle720_sch_mnu_opt_1

Windowは、ウインドウ関連のメニューです。

(Eagle 7: Window Menu)
eagle720_sch_mnu_window_1

Helpは、ヘルプメニューです。

(Eagle 7: Help Menu)
eagle720_sch_mnu_help_1

Eagleの回路図インターフェースは、多くのアイコンが配置されているので、ファイルのインポート、エクスポート等以外の作図作業は、アイコンで行った方が良いでしょう。

回路図の印刷

回路図を印刷したい場合は、File→Print…を選択します。

(File→Print…)
eagle720_sch_print_2

あるいは、Printアイコンをクリックしても印刷を行う事ができます。

(Print Icon)
eagle720_sch_print_3

Print(印刷)メニューが表示されます。

(Eagle 7: Print)
eagle720_sch_print_1

設定には、次の様な項目があります。

Printer:プリンターを選択します。
Paper:用紙を選択します。
Orientation:用紙の向きを指定します。(Landscape=横、Portrait=縦)
Alignment:印刷基準点を指定します。
Area:印刷範囲を指定します。
Scale:Scale Factorで拡大率を指定できます。
Sheets:印刷するシートを指定できます。
Options:その他の設定です。

右側に印刷プレビューが表示されますので、それを見ながら調整を行いましょう。Scaleで拡大率を指定できるので、用紙サイズに合わせて大きさを調整する事が可能です。

→その他のEagle関連情報

Sponsored Link