Eagle 7入門:回路図での削除

Sponsored Link

Eagle Ver.7の回路で、オブジェクトを削除する方法を解説します。

Eagle Ver.7の回路図での削除、Deleteアイコンをクリックする事で行えます。

(Eagle 7: Delete)
eaggle720_sch_del_1

配線や部品、ラベル等のオブジェクトを削除する事が出来ます。

(Delete an object)
eaggle720_sch_del_2

削除したいオブジェクトを左クリックします。

(Left-click to select ojtect to delete)
eaggle720_sch_del_3

この例では、抵抗をクリックしています。

(Click Ojtect to delete)
eaggle720_sch_del_4

抵抗が削除されました。

(Delete Part)
eaggle720_sch_del_5

配線も同様に左クリックすれば、削除する事が出来ます。

(Delete Wire)
eaggle720_sch_del_6

回路設計が進むにつれて、部品の置き換えや配線の修正が必要になる場合がありますので、Deleteで作業を進めて行きましょう。

→その他のEagle関連情報

Sponsored Link