Eagle 7入門:ボード図のグリッド設定

Sponsored Link

Eagle Ver.7 ボード図のグリッド設定について解説します。

グリッドは、部品配置や配線の際の基準で、グリッド上にオブジェクトの基準点が載るイメージになります。

グリッドの設定

Eagle Ver.7でのグリッドの設定は、画面上部のGridアイコンをクリックして行う事が出来ます。

(Grid Icon)
eagle720_brd_grid_1

グリッド設定のメニューが表示されます。

(Grid Settings)
eagle720_brd_grid_2

設定項目には、以下のものがあります。
Display:On(表示)/Off(非表示)の選択
Style:Dots(格子点)/Lines(格子線)の表示スタイルの選択
Size:グリッド間隔
Multiple:Multipule(倍率)を掛けて間隔調整できます。
Alt:”Alt”キーを押すと、この欄で指定した間隔にできます。

(Grid=On View)
eagle720_brd_grid_3

グリッド表示をすると、距離と間隔を意識しながらアートワーク設計する事が出来ます。

インチ系とメートル系単位

グリッド間隔は、インチ系とメートル系で指定できます。
1inch = 25.4mm
1mil = 0.0254mm
で単位変換できます。部品やPCB関連ではインチ系の方が便利な場合もあるので、必要に応じて選択しましょう。

→その他のEagle関連情報

Sponsored Link