KiCad 4.xのインストール

Sponsored Link

KiCadは、オープンソースで開発されている電子回路基板設計CADです。今回は、そのインストール方法を取り上げます。

KiCadとは?

KiCadは、Jean-Pierre Charras氏によって開発が開始されたオープンソースの電子回路基板設計CADです。Windows、Linux、Mac OS上で動作し、無料で使用する事ができます。この記事執筆時点での最新バージョンは、4.0.0 rc1ですが、”release candidate”で安定版ではありません。また安定版は、-stable-2013.07.07-BZR4022となりますが、KiCadの公式ホームページでは、”It is not recommended for new designs”と書かれており使用を推奨されていません。そこで、easylaboでは、将来の事も踏まえて、4.x系をメインに使い方を紹介していく予定です。

KiCadの入手とインストール

KiCadは、KiCad: Downloadから入手可能です。この記事では、Windows版を例にインストール方法を解説してきます。

(KiCad Installer)
kicad4rc1w_inst_1

ダウンロードしたインストーラーを起動して、Windowsの「ユーザーアカウント制御」が表示される場合は、「はい」を選択して先に進みます。

(Windows Message)
kicad4rc1w_inst_2

Welcome to Kicad 4.x Setupが表示されます。Next>ボタンをクリックして先に進みます。

(Welcome to Kicad 4.x Setup)
kicad4rc1w_inst_3

インストールするコンポーネントを選択します。通常全て選択しておいて問題ありません。

(Chose Components)
kicad4rc1w_inst_4

インストール先を選択して、Installボタンをクリックします。

(Chose Install Location)
kicad4rc1w_inst_5

インストールが開始されます。

(Installing)
kicad4rc1w_inst_6

インストールか完了します。Finishボタンをクリックして終了します。

(Completing KiCad 4.x Setup)
kicad4rc1w_inst_7

起動したKiCadのメイン画面です。

(KiCad Window)
kicad4rc1w_inst_8

以上で、KiCadのインストール作業は終了です。

→その他のKiCad関連情報

Sponsored Link