LPCXpresso IDE〜UART通信

マイコンボードでは、UART(シリアル通信)でパソコンと通信を行うことも多いかと思います。そこで今回は、コンパクトなUARTドライバを紹介したいと思います。

ドライバは、必要最低限の機能しかないので必要に応じて機能を拡張していけば良いでしょう。基本的な関数として以下のものがあるだけです。
・IO設定
・1文字の受信
・文字列の受信
・1文字の送信
・文字列の送信

上記のソースコード例は、LPC1114のハード設定になっています。
受信のデリミタ(区切り文字)は、キャリジリターンです。受信時に割り込みを使っていないので、受信時は待ち受け状態になります。
driver_config.hに以下を記述すればドライバが有効になります。

→その他のLPCXpresso関連情報

Sponsored Link