LTspice入門:モンテカルロ解析

Sponsored Link

LTspiceでは、算術関数を利用してモンテカルロ解析を行う事ができます。

算術関数の利用

LTspiceでは自動でモンテカルロ解析を行うメニューがありません。よって次の手順で解析を行います。
(1) 素子の値を、素子ばらつきを表す算術関数で指定する。
(2) パラメトリック解析をN回試行する。

下記の例は、抵抗分圧回路です。抵抗値10kΩのばらつきがσ=33の正規分布だと仮定します。

(シミュレーション回路例)
ltsp_win_gauss_1x

“.step param N 1 100 1″の変数Nは、実際に回路中では使用していませんが、シミュレーションをN=100回試行する為の仮変数です。以上の設定をしてDCスイープのシミュレーションを実行すると結果が得られます。

(シミュレーション結果)
ltsp_win_gauss_2x

→その他のLTspice関連情報

Sponsored Link