LTspice入門:Mac版コントロールパネルWaveformsタブの設定

Sponsored Link

Mac版 LTspiceのコントロールパネルでは、様々な設定を行う事ができます。コントロールパネルには、6つのタブがあり各カテゴリの設定メニューがありますが、今回は、Waveformsタブについて取り上げていきたいと思います。

コントロールパネルは、Control Panelのアイコンから開く事ができます。なお、アイコンやメニューについては、記事「LTspice入門:Mac版のインターフェース」を参照して下さい。

コントロールパネルのWaveformsタブは、次の様な画面となっています。

(Control Panel: Waveforms Tab which is opened from Schematic)
ltmac_cont_sch_wave_1

このタブ・レイアウトは、シミュレーション後に表示されるプロット画面のControl Panelボタンから起動した場合、Data Export ToolとConvert to Fastaccessボタンが追加された次の構成に変化します。

(Control Panel: Waveforms Tab which is opened from Plot)
ltmac_cont_plot_wave_1

Waveformsタブの各項目を見ていくことにしましょう。

Line Thickness
この項目では、線の太さを指定する事ができます。

Use Radian measure in waveform expressions
このオプション項目を有効にすると、Waveform(Plot)での角度の単位がラジアンになります。

“Configure Colors” Button
このボタンをクリックすると、色の設定メニューが表示されます。メニューには、Waveform、Schematic、Netlistの3つのタブがあり、各々設定することができます。

(Configure Colors: Waveform)
ltsp_mac_cont_color_wave_1

Waveformのタブでは、Selected Itemで色指定する対象を選択します。対象は、Trace V(1)-V(12), Axis, Inactive Axis, Grid, Backgroundの中から選ぶ事が可能です。対象選択後、Red、Green、Blueのスライダを調整して任意の色を設定します。

(Configure Colors: Schematic)
ltsp_mac_cont_color_sch_1

Schematicのタブでは、Selected Itemで色指定する対象を選択します。対象は、Wires, Junctions, Component Body, Graphic Flag, Component Fill-in, Component Text, Flag Text, SPICE Directive Text, Comment Text, Unconnected Pin, Highlight Color, Grid, Backgroundの中から選ぶ事が可能です。対象選択後、Red、Green、Blueのスライダを調整して任意の色を設定します。

(Configure Colors: Netlist)
ltsp_mac_cont_color_net_1

Netlistのタブでは、Selected Itemで色指定する対象を選択します。対象は、Normal Text, Comment Text, Dot Command, Continuation Text, Backgroundの中から選ぶ事が可能です。対象選択後、Red、Green、Blueのスライダを調整して任意の色を設定します。

“Open Plot Defs” Button
このボタンをクリックすると、Plot Defsファイルが開き編集する事ができます。なおPlot Defsファイルの設定詳細については、記事「LTspice入門:Mac版でのplot.defsファイルへの定義登録」を参照してください。

“Data Export Tool” Button
ltsp_mac_cont_data_export_1

“Convert to Fastaccess” Button
このボタンをクリックするとシミュレーション結果のデータが、Fastaccess形式に変換されます。なおFastaccess形式については、記事「LTspice入門:Mac版でのファストアクセス形式への変換を参照してください。

Waveform Compressionの項目
これ以下の項目は、Waveform Compressionの枠内にある項目です。

Enable Compression
この項目では、シミュレーション結果のデータ圧縮方法を指定します。1st & 2nd Order、1st Order Only、None、None(ASCII files)の中から選択します。詳細については、記事「LTspice入門:Mac版でのraw(波形)ファイルのデータ圧縮設定」を参照してください。

Window Size(No. of points)
この項目では、いくつのポイントを1つのポイントに圧縮するか指定します。設定範囲は、1~2,000で、次の.OPTIONSコマンドで指定する事ができます。

.OPTIONS plotwinsize = 設定値

なお、設定値が0の場合、上記の圧縮設定の有無にかかわらず、データ圧縮は行われません。

Relative Tolerance
この項目では、データ圧縮前と圧縮後の相対誤差を指定します。次の.OPTIONSコマンドでも指定する事が可能です。

.OPTIONS plotreltol = 設定値

Absolute Voltage Tolerance[V]
この項目では、圧縮で許容できる電圧の絶対誤差を指定します。次の.OPTIONSコマンドでも指定する事が可能です。

.OPTIONS plotvnltol = 設定値

Absolute Current Tolerance[A]
この項目では、圧縮で許容できる電流の絶対誤差を指定します。次の.OPTIONSコマンドでも指定する事が可能です。

.OPTIONS plotabsltol = 設定値

なお、以上の項目は、Reset to Default Valuesボタンをクリックすることで、デフォルト設定に戻す事ができます。

→その他のLTspice関連情報

Sponsored Link